振袖正直屋のQ&A

全般について

  • 成人式のスケジュールについて

    成人式当日は色々な準備で結構ハード。
    こちらでは当日のスケジュールをご紹介しています。事前にチェックして特別な一日をスムーズに過ごしましょう。
    成人式のスケジュールの詳細はこちら

  • 成人式・卒業式のお祝い・お返しは、どうするの?

    「成人の日」とは、昭和23年に制定された「国民の祝日に関する法律」の中で、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます日」と定められています。
    20歳になると飲酒、喫煙、選挙権が認められます。社会の中での役割も担うようになります。
    成人式のお祝いに関する詳細はこちら

  • 振袖のマナーと美しいしぐさを教えて下さい。

    せっかくの振袖姿・・・いつもとはちょっぴり違う、振袖ならではの立ち居振る舞いと美しい仕草で、魅力的な振袖美人を目指しましょう。 振袖を着たときの美しいしぐさとマナーのコツです。
    マナーしぐさに関する詳細はこちら

  • 前撮りについての注意点

    近頃のお嬢様はカメラ慣れしていてポーズを作るのが上手。
    ただその分注文も多くなった。写真展、参考カタログ等も多く見ることが出来る。カメラに興味のある方も多く、プロ並みの方も多くなった。プロと素人の差も無くなった。
    最近のカメラは機械の性能も以前に比べ数段よくなった。明るくも暗くも、顔だけ明るくもできるとか?その分クレームも言いやすくなった『こんな写真は私ではない!!』と言われると困る。事前に参考の写真なりを持参していただけるとよりより良い作品になると思うのだが、当店ではヘアーの注文はほとんど写真等をご持参いただいているフォームでのクレームはなくなった。
    写真業界が今後どう対応されていくのか?
    イメージを話されてもカメラマンにそのイメージは完全にはコピーされない。
    経費もかかるから二度も三度も撮り直しもできない。
    より良い思い出に残る写真の追求は難しい問題です。

  • 成人式前日、当日の注意点は?

    まず一番気になることは天気ですネ。
    雨だったり雪だったり晴天でも寒い日だったり…
    正直屋では、撥水加工をおすすめしておりますので、シミに対してはそれほど気にする必要はありません。
    寒さ防止にはヒートテックの肌着を着用すると良いでしょう。
    足が寒いようならストッキングの用意当日は時間に余裕のある行動をしましょう。
    まずは軽く必ず食事をすること、いつもと行動パターンが違い、空腹で気持ちが悪くなる方もあります。
    ヘアメイク着付も以外に時間がかかる場合もあります。『こだわり』のヘアの方は前日までに美容師さんとよく話し合っておくこと。
    当日のヘアスタイルの変更は仕上り時間が長くなり予定通りに終わらない場合があります。

    前日の注意点は十分に睡眠をとること、シャンプーも前日にし十分に乾かしておきましょう。

振袖について
  • 親友から結婚式の受付を頼まれました。 結婚式は3ヶ月後、私は身長1m45cmなんです。

    せっかくのお友達の結婚式、こんな時こそ晴れやかにお振袖でお祝いしてあげてほしいですネ。もしあなたが独身なら素敵な相手も見つかるかも。
    3ヶ月間余裕があるので、ご購入でもレンタルでも可能です。
    身長が1m45cmということで、レンタルならオーダーレンタルの方がお好みのお振袖を選ぶことができるでしょう。
    お好みの色、柄、予算を決めたら正直屋HPを検索。
    来店日を知らせ、商品を集めてもらっておくとお好みの品が沢山ご試着いただけます。
    正直屋では結婚式当日のヘアメイク着付もお手伝い致します。
    安心して係にご相談下さい。
    大切な親友のお祝いの席に恥ずかしくない『あなた』のお手伝いをお任せ下さい。

  • 振袖の袖付がほつれてしまったんですが、直せますか?
    シミなどと同じく有料でお直しいたします。
    
    振袖などは「袖」の扱いになれていないと、袖付けがほつれたり、シミができる場合があります。
    【振袖でトラブルにおきやすい動作】
    ・イスに座り立ち上がる時に袖を踏んでしまう。
    ・車のドアに袖をはさんでしまう。
    ・袖をブラブラさせて走ってしまう。
    ・イスに座るときに袖を床にたらしてしまい、人に袖を踏まれる。 等
    
    振袖など袖の長い着物は、袖の扱いが難しく袖付のほつれ等が起こる場合があります。着用された後は、シミと同じく袖付もご確認下さい。
    最近はお客様も着物に慣れていない方も多く、袖付がほつれたりすると仕立てが悪いのでは・・・と心配される場合もあります。
    しかし、袖付のほつれや破れは仕立てのミスではなく、着用時の動作でおこってしまうことが一般的です。
    
    シミと同じく破れほつれも早期の対応が大切です。また破れの具合などにより料金も異なりますので、着物専門店でご相談下さい。
    弊社でも承ります。
  • 成人式以外で振袖を着る時はありますか?

    はい。結構多くあります。
    卒業式や結婚式、などのお祝い事
    お茶会や、パーティーなどのお出かけ
    初詣、お見合い、結納など・・・様々なシーンでご着用いただけます。
    正直屋では、平成28年よりプレタ振袖レンタルの新しいサービスを始めました。2回目より50%OFFでの貸出です。ご利用下さい。
    ※10万円以上のセットをご成約された、ご本人様のみ10年間有効。1回目のレンタル価格以下の振袖に限ります。LINE登録が必要です。平成28年以前にレンタルされた方も着用日から10年間有効。

  • 振袖35点フルセット、30点フルセットって何ですか?

    着物は振袖と帯だけでは着付けることができません。
    その他にも長襦袢(きもの用下着)、半衿、帯締め、帯揚げ、肌着、足袋(たび)、草履(ぞうり)・バック、ストールなどの小物が必要になります。
    30点フルセットは着付けに必要な小物などが、振袖や帯に合わせたコーディネイトですべて揃っているセットのことで、すぐに着付けることができるセットです。
    35点フルセットは、30点フルセットの他にも、写真撮影やヘアメイク・着付け・成人式当日の着付けのサービスが含まれまたものです。

  • パスタソース等の油のシミは水で拭いてはいけないって本当?

    本当です。絶対にダメ!!です。
    水で拭くのもダメですから、「おしぼり」で拭くのもいけません。
    通常シミを取る場合は水溶性のシミをとってから油性のシミをとります。
    この工程が逆になってしまうと、油性のシミは落ちにくくなり、シミが残ってしまうのです。正直屋にご相談下さい。その場合、何でつけたシミか、必ずお知らせください。シミは病と同じ早期発見・早期治療が一番の解決方法です。

  • 振袖をしまいたいが、たとう紙より着物の方が大きいのですが、どうしたら良いですか?

    最近の方は、身長が高く体格が昔よりも大きい為、しまいづらい場合がおこります。また、女性用の振袖・男性用の着物でも、しまう時には幅が違ってきます。

    このような時のために、たとう紙には四隅にマチが付いています。
    きものが大きい場合は、マチの折り方を振袖の幅に合わせて変えて、たとう紙のサイズを調整して下さい。
    ※幅は振袖幅ピッタリよりも、少しゆとりを持たせてください。
    ※和箪笥も大きさにより、上記の様に収納しづらい場合がおきてきますが、振袖の畳み方を工夫するしか、方法はありません。

  • 振袖にシミをつけたのですが、パールトン加工だから大丈夫と言われました。パールトン加工って何ですか?

    パールトン加工とはパールトン社が行っている加工です。
    他に加工ではガード加工、はれやか加工、ストレッチ加工等、各社それぞれ名前をつけていますが、当社では縁(えん)加工という加工を施しています。それぞれ使用する液が違います。当社では、抗菌撥水加工もプラスしていますので、カビ防止の保証もしています。

    さて、パールトン加工をされているとのことなので、シミヌキは簡単に出来ます。ただしホームページにも説明している通りシミは病と同じですので重病の場合はとれない場合もあります。
    早期発見、早期治療が一番大切です。ただし、毎回振袖をシミヌキに出す必要はありません。期間が開く場合はシミの箇所を調べて業者に報告下さい。一度購入された呉服屋さんでチェックされてみては?
    当社でも取り扱います。
    お近くの正直屋各店へお出かけ下さい。
    ※加工によっては長期間に渡っての加工保証がないメーカーもあります。
    信用ある呉服屋さんで加工を施してもらって下さい。

  • 振袖をクリーニングに出したら金彩が取れてしまった。

    現在は少なくなりましたが、以前私のお客様で経験したことがあります。
    「なぜそんなことが起こるのか?」
    原因として、ドライクリーニングの溶剤と金彩に利用した接着剤が不適合だった可能性があります。
    私のお客様の場合は、振袖の金彩が取れてしまったのですが、たまたま同じ型紙があり、もう一度金彩を染めてもらい、新品に戻りました。戻らなかったら大変なことになっていました。
    しかし現在の着物は接着剤の研究がなされ、この様なことはほとんどありません。
    着物を何度も着れば汚れます。部分的に汚れれば、そのシミの原因を聞いてシミヌキをします。全体的に汚れれば本来洗い張りをすることで元の反物の状態にして水洗いをして全体のシミを取り、又仕立て直しをします。現在は自分で縫われる方が少ないので、高額な仕立代を出さない方法・・・つまりドライクリーニングで着物を丸洗いされる方が多くなり、このようなトラブルもおこるようになりました。
    シミヌキに出す場合は、購入された呉服屋さんに出されるか、高額になるかもしれませんが責任あるシミヌキ専門業者に出すことをお勧めします。

    ※金彩がたとう紙に付着して取れてしまった場合も、同じ様に防虫剤と接着剤が化学反応して、たとう紙に付着したものと考えられます。

  • 静電気で振袖の裾がまつわりつくのですが、どうしたら良いですか?

    絹のような天然繊維で帯電することは少ないのですが、裏生地に合成繊維を使用したり、長襦袢が合成繊維だったり、又下着類に帯電したりして、裾がまつわりついたりすることがあります。
    多くは空気の乾燥した冬場の晴天の日に多発します。湿気の多い日はほとんど少なく、同じ振袖なのに・・・と思われますが、はっきりとどんな環境なら発生しないのかはわかりません。でも、洋服でも車から降りる時にドアのノブに触れた時にピリッとくるのは不愉快ですネ。
    あまり気になる様でしたら、一時的な効果ですが、着用前に長襦袢や振袖の裏などに「無臭性の帯電防止スプレー」を軽く吹きつけておけば、いやな気分を味わうことはありません。

  • 振袖はどうやって保管したらいいですか?

    振袖を長く美しく保つには、まず正しい着用方法にあります。

    (1)雨の日に着用した場合には、帰宅後まず乾いた布で水分を取り、裾の泥はねをチェックし、ブラシ等で除いて下さい。
    その後乾燥した部屋に完全に湿気がとれるまでハンガーに掛け陰干ししておくと良いでしょう。しまう前にもう一度表裏のチェックをし、汚れがひどい場合にはシミヌキに出します。

    (2)着物は1枚づつ「たとう紙」に入れて下さい。
    (クリーニング屋さんに出され、ポリ袋に入れて帰ってきたものも「たとう紙」に入れなおします。)
    着物(絹)は生きもの、空気にあてた方がよろしい。

    ※小物によっては、金糸加工等の加工品は輪ゴム等と反応し、黒く変色する場合があるので気をつけて下さい。
    (3)タンスの中に入れる防虫剤は、2種類以上のものを混ぜない様に気をつけて下さい。
    また、湿気を取る防湿剤(シリカゲル)を利用するのも良いでしょう。いずれも使用期間はよくチェックして期間が過ぎたら新しいものに交換して下さい。タンスを置く場所はできるだけ乾燥した部屋を選び、コンクリートの場合は結露する場合があるので壁からすこし離して置き、風通しを良くする様心がけて下さい。

    (4)空気が続けて乾燥した日を選んで振袖の虫干し(着物をハンガーに掛け空気を通すこと)を定期的にするのも、天然素材の振袖を長く美しく保つコツです。

    振袖で一番怖い敵は湿気です。どうしても虫干しも出来ない場合には、ちょっと乱暴ですがタンスの引き出しを開け扇風機を回す。又はクーラーのドライをかける等をして空気を換えるのも、タンスの中に仕舞いっぱなし納めっぱなしの振袖よりは良いでしょう。 「たとう紙」も折を見て新しいものに変えるのも湿気の予防になります。 ※シミをつけたら必ずその場所・どんなシミかを覚えておいて、業者に渡す時にお知らせ下さい。

  • 振袖オーダーレンタルとレンタルってどう違うの?

    通常の振袖レンタルは「仕立上がり」の振袖をレンタルします。
    そのため、標準体型の方は支障がありませんが、身長の高い方や低い方など・・・体型によってはどうしても上手に着こなせない場合も・・・
    それに比べてオーダーレンタルは「貴方の体型に合わせてお仕立て」したものをレンタルします。ですから、購入した振袖とまったく変わらない着用感になります。
    また新品・新作をオーダーしますので、人気のブランドの今年の振袖を着たいけど予算がちよっと・・・という時も、購入よりも気軽に楽しめることができます。

  • 自分が着た振袖を娘に着せたいのですが?

    はい。寸法直しをする必要があります。
    振袖の場合、身丈は十分に直せると思いますが、裄丈(ゆきたけ:巾)は着物の関係で一尺8寸ぐらいまでしか広く出来ない場合もあります(近頃の品は2尺でもOKの品もありますが)。もちろんこの場合絵羽柄で仕上がっている振袖の場合の解答です。
    もし反物総柄の小紋等でお母様が仕立てされていた商品ですと、身丈・裄丈ももっと短くなる場合もあります。
    どちらにしても現品を見なくては寸法直しができるかどうかわかりませんので、店舗にお持ちいただきます。

    【方法としては】
    1.振袖・長襦袢の両方をチェックします。
    2.振袖を解き、シミや日焼けがないかチェックしながら洗い張りをします。
    しみ・日焼け等がある場合その箇所を直し、刺繍のほつれ等もこの時に直します。
    3.ガード加工(縁加工:防汚・防カビ・防水)をして仕立てなおします。

    【代金】
    シミ・日焼けの有無によって変わります。店舗に着物をお持ちいただきお尋ね下さい。

    お母様の大切にしている振袖をお嬢様が着用するというのは、大変素晴らしいことだと思います。ぜひ、正直屋にご相談ください。お仕立て直しも承っております。

  • 振袖っていくらくらいかかりますか?

    だいたいの目安ですが・・・
    【購入された方】
    振袖フルセットの価格で全国的平均50万円を中心に、平成29年については景気の悪化で40万円前後、30万円前後が多いようです。

    【レンタルされた方】
    振袖プレタフルセットで8万~15万円の振袖が多くなっています。正直屋は購入派もレンタル派も、振袖を着るために必要なものが全て揃ったフルセットでセッティング、この価格帯を目安にしてみてはいかがでしょうか。
    レンタルの場合はプレタレンタルか、オーダーレンタル(あなたのサイズに合わせた仕立て上がり)かによって金額も変わります。

  • 振袖はやっぱり購入する人の方が多いんですか?

    時代の変化で最近はレンタル派が多くなりました。購入派は持つ喜び、着用機会が多い方が多く、レンタル派は成人式だけだからとドライに対応される方が多いようです。価格や特典など、その家の方のとらえかたで、どちらにもそれぞれ良さがあります。
    近ごろ18才で購入されるお客様も多くなりました。理由は19歳の厄払いに着用するとのことです。19歳、20歳と2回ヘアースタイルも変えて着用したいという思いですが、いずれにしろいろいろ見て着て、着用シーンImagineして比べてみてもいいでしょう

  • みんないつ頃、振袖を準備するんですか?

    最近は成約される日がどんどん早くなっています。消費税の値上げのせいもあります。又、業者からのテレアポで早く成約した方がお得という気持ちもあるのでしょうか?年間の中で、割りと多いのが成人式後の1〜3月です。その他では、母娘で行動しやすいゴールデンウィークや夏休み、連休の日々、又10月11月12月頃に決められる方も多いようです。
    最近はお客様も情報誌やTV、インターネットではスマホでラインやフェイスブック等でよく研究され、ブランド品等はメーカーにより発表時期も異なりますが、新柄発表会後すぐの問い合わせがある場合もあります。

  • 振袖で人気のカラーってありますか?

    もちろんあります。洋服は季節ごとに流行色が大きく変わっていくけど、振袖の人気色は変化がゆるやか。そこで知りたいのが振袖の人気色ランキング。毎年多少ずつ変化しています。各きもの屋によっても人気色も異なり、HP等でチェックされれば解ります。ただし、流行の先端を楽しみたい方は、自分の好みの色を決めまとわれるのがよろしい。自分がどんな振袖を着用したいのか?『古典派?』『モダン派?』『かわいい派?』で自ずと色も変わり、柄も変わります。試着することで自分の顔に合う振袖を選びましょう。

  • 振袖は歩きにくくないですか?

    着付けてすぐの振袖は、裾が開きにくくなっています。そのため、歩きづらいだけでなく、歩く姿もすこし変に…そんな時は、着付けが終わったら「裾割り」をしましょう。ぐっと楽に歩けるようになります。

    【裾割り】
    1.振袖を着て立ち、両手を腿の上に置き、振袖の前裾を軽く抑えます。
    2.足を肩幅に開きます。
    3.少しだけ腰を落とし(軽い中腰)、膝を軽く曲げます。(あくまでも軽く…)
    4.これを3回ほど繰り返します。
    又、夏の浴衣(ゆかた)等を着ることで、着用の練習をされておくのもgoodです。
    着物は、着慣れることが一番のポイントです。

  • 我が家はすべてクローゼットなのですが、収納方法はどうしたらいいですか?

    場所は、湿気さえこまめにチェックできればどこでもかまいません。極端に言えば、通気に気をつけていれば棚の上にポンと置いてもいいのです。 今は、クローゼットの中や部屋の片隅に置いておける桐の小タンスもあります。和箪笥と違い、場所もとらず部屋に置いても違和感のない作りになっているので、検討してみてもいいと思います。 ※桐は、湿気の自動調節を行ったり、火事の時なども水をあてると引き出しがきっちり締まり、中の物が濡れない。また燃えにくい等の性質をもっている為、大切な物の保管に使われます。 詳しくは正直屋縁の「商品紹介」の「総桐たんす」をご覧ください。

  • お母さんの振袖が着たいのですが?

    お母さんの振袖着用をきもの業界では『ママ振』と呼んでいる。
    20~30年くらい前の振袖を着用することになる訳です。
    身長が同じくらいなら直す部分はありませんが、最近は裄(背中心から袖先までのことを言う)を洋服感覚で着用される為、お母さんが着用されていた頃より5分~1寸長く作ることが多くなりました。
    気になるようならきもの屋さんと相談して直して下さい。身長差が5㎝以上、ヒップのサイズが10cmぐらい違う場合は全体的に直す必要があります。
    この場合もきもの屋さんに振袖、長襦袢を持参し一度試着し寸法直しを検討された方がよろしい。
    基本的な作業は洗い張り、シミヌキ、仕立ですが、裏生地はもし茶色に変色している場合は交換をおすすめします。
    ついでに撥水加工もされておくとシミヌキの場合に安価で取れます。

  • 梅に鶯(うぐいす)のついた振袖が着たいのですが、対応いただけますか?

    え?普通の販売ルートで探すとなると難しい注文ですネ。
    昔は1月の成人にはちょうどよい時季でした。オリジナルで柄を書くなら自分の思うような地色で染められ図案も作家と細かい所まで話し合って染出します。
    着用日を決め、糸の選別から始めるなら1年ぐらいのスタンスで作りますから、その間とても楽しい時間となります。
    名古屋友禅が現在そんな注文生産で生業(なりわい)として残っています。
    すべてが個人の染出しとなるので、1枚しかない逸品物になります。
    もちろん、下絵の見本のような品があっての話です。
    この下絵もオリジナルとなると日数はその人の感覚になりますから、どれだけの時間と費用がかかるのか解りません。
    本物の着物通になるとそこまでの楽しみがしたくなるものでしょうか?
    私もそんな仕事が一度やってみたいものです。

正直屋縁の以下のコーナーもご覧ください。